究極の美ボディを創るストレッチ!ブリッジに挑戦しよう


top052
photo by Vive La Palestina

痩せたいし、肩こりも治したいけどエクササイズをしている時間がない!忙しいあなたに実はとっておきのお勧めストレッチがあります。
それは・・・「ブリッジ」。え?!小学校の時に体育の時間にやったアレ?半信半疑の方に、解説しましょう!ブリッジの効果はすごいんです。

肩こり・背中こり・バストアップ・お尻ひきしめ・お腹ひきしめ・美脚・・・ブリッジで一挙アプローチ!

ブリッジをする時に使う筋肉は全身に多岐に渡っています。
その部位と、ブリッジによる効果は下記の通り。

肩甲骨周り:普段と逆の動き(肩甲骨を寄せる)をすることで、肩周りの血流を促進します。また、肩甲骨を寄せるとバストを開いて引き上げるのでバストアップにつながります。
背筋:背中を反らすので、普段丸まって固まった筋肉をしっかりとほぐします。こり解消と、美しい引き締まった背中へと導きます。
二の腕:頭と上半身を支えるため、二の腕の筋肉を自然と使います。
お尻:お尻を持ち上げるために、普段の歩行だけではアプローチできない臀部の筋肉をしっかりと使います。
お腹:ぐっと反らすことで筋肉がほぐれ、血行が良くなり、内臓を適度に刺激します。便秘解消も期待できます。
脚:下半身をきちんと支えるため、また左右均等に使うため、骨盤周りや左右の脚の筋力バランスを整えます。

いいことづくめのブリッジ。是非挑戦してみましょう。

ブリッジでボディラインすっきり!自宅で出来る究極ストレッチ

練習方法

  • 腕の力に自信がない方は、丸めた布団の上に腰を当てて寝そべって、両腕と両足を地面につけてブリッジの型に慣れましょう。
  • 最初は座布団などで高さを上げ、すこしずつ高さを下げて自分の筋肉で維持できる秒数を増やします。

いざブリッジ

  • 行うときにまず気をつけたいのは首。力を入れると痛めてしまいます。首は脱力して、自然に後ろに頭を落とすイメージで。
  • 肩の上に手のひらを逆手で付き、脚はひざを曲げます。
  • 上がるところまで、両腕・両脚で体重を均等に支えるようにブリッジしましょう。頭で体重を支えると首を痛めますので気をつけてください。

No Responses