固い股関節はケガをする!故障知らずの柔らかストレッチ


top051

つまづきやすい、膝が痛くなるなどの脚のお悩み。最近では若い女性でも増えています。
痛くなる箇所や、つまづきやすい足元ばかりにフォーカスしがちですが、根本的な原因は身体の固さ、特に股関節の固さにあるかもしれません。

股関節が固い人は、歩きの質がダウンし、怪我のリスクが高まる

股関節は骨盤と足を結ぶ大きな関節です。この周りの筋肉は歩きをコントロールし、下半身のバランスを支えています。
股関節が固い=筋肉が固いと歩きの質はぐんと下がります。まず、脚が持ち上がりにくくなり、左右のバランスも不均等になり、つまづきやすくなります。また、固い筋肉は転んだ時に、衝撃を受け止められず、故障を招きます。
柔らかいゴムと固いガラスでは、壊れやすいのはどちらでしょうか。それと同じことが、筋肉にも言えるのです。一流のアスリートが運動前後にストレッチを欠かさないのは、パフォーマンス向上とともに故障予防の意味合いもあります。

柔らか股関節で怪我知らずの健康な脚を

一時期ブームになった股割り。おすもうさんのようにペタンと180度に開脚する動作ですが、一般人にはいきなり難しいものです。
股割りは難しくとも、毎日少しずつ、お風呂上りに開脚ストレッチで怪我をしにくいカラダを作りましょう!

  • 準備運動として、前後に脚をできるところまで開き、前の脚に体重をかけて、後ろ脚から股関節にかけて伸ばします。左右交互に行ないましょう。
  • 脚を開いた状態で床に座ります。開けるところまで無理のないように。
  • 少しずつ前屈をします。この時に、腰を曲げずまっすぐ保つように意識してください。股関節から上半身ごとまっすぐ前に倒すイメージで。