こり知らずの美背中になりたいなら、ひねりのあるストレッチオンナになれ!


top12

最近姿勢の悪い女子が増えたなあと感じませんか?カフェで、職場で、家のリビングで、猫背気味に首が出た状態で座る女子・・・いつも同じ姿勢で前向きに座っているせいか、振り向いたり、下に落ちたものを拾う時の動きが鈍い。ひねる動作ができなくなっているのでしょう。
ひねることのできない固い上半身は当然こりがたまりやすく、脂肪もつきやすくなります。

ひねり上げることで、背中・腰・肩の筋肉は一気に刺激できる

上半身をひねる動作は、姿勢を支える筋肉やウエストのくびれをつくる筋肉、腰を支える筋肉、肩につながる筋肉をトータルで刺激してくれます。
一挙に筋肉を動かし、肩こり・首の痛み・背中のこり・腰痛などをトータルでケアしてくれる動作、それがひねりなのです。
ひねってしなやかになった筋肉には余分な脂肪はつきにくくなります。痛みやこりだけでなく、見た目も良くしてくれる、まさに魔法の動作と言えるでしょう。

痛みもこりもたるみも、ひねって一気に解消!

12

  • 腰から背中にかけて、ねじることで、効率よく、強く、上半身をストレッチできます。
  • Tの字の立ち姿勢から、左手を床に、右手を真上に、上体をひねるようにして屈曲します。
  • 右手を床に、左手を真上に、逆も行います。
  • 息を吐きながら、ゆっくりと動かしてください。反動を使っての早い動き、無理なストレッチにならないようにしてください。